中高年の婚活におけるメールのマナー

メールを送る頻度

 >トップページ

中高年の婚活を成功に導くメールを送る頻度

◆ 1日2通から3通ぐらい

どんな中高年の婚活サイトを利用するにしても、メールのマナーを守るのは人として当然のことです。もしこの段階で、相手に無礼な行為をしているようでは、どんなに才能溢れるような魅力的な人でも、中高年の婚活を利用して出会いをものにすることはできないものです。この際、意外に盲点になっていることとして、相手にメールを送る頻度が挙げられます。もしこの頻度に関して理解し、それを実践に移すことができれば、メールの段階で相手に良い印象を与えることができるし、中高年の婚活の醍醐味に気づくことでしょう。では、理想的な頻度ですが、どれぐらいを目安に考えれば良いでしょうか。

これに関しては、その時その時の状況にもよるので、絶対にこの回数でなければダメと言ったものはないですが、相手とメールのやり取りを行ったばかりの時は、1日に2通から3通ぐらいにしておくのが理想です。というのも、あまりメールの頻度が高いと、相手としても返信をするのに時間や労力がかかってしまうし、それでは相手の大切な時間を奪うことにもなりかねないからです。また、相手から返信がないからと言って、そこで機嫌を悪くしてしまうのは良くありません。この際に相手を急かすのはまさにご法度です。これでは相手の気分を害してしまうことになるし、良識のない人とみなされるのが落ちです。もちろん、今後素敵な交際をするにも支障が出てきます。また、夜遅くの返信も、相手に迷惑をかけてしまうので、控えた方が無難です。

印象が良くなるメールの特徴

◆ ポジティブな内容に!

1通のメールを送るという点では同じでも、相手からして印象が良くなるメールもあれば、悪くなるメールもあります。もちろん、同じ行為をするのであれば、できるだけ印象を良くしたいのは、言うまでもありません。そして、印象が良くなるメールに関しては、何かしらの特徴が存在するのも事実なのです。このことを知った上で、中高年の婚活に臨むようにすれば、最終的な結果も異なってきます。では、中高年の婚活において印象が良くなるメールですが、一体どんな特徴があると言えるでしょうか。

まず、メールの内容がきちんと伴っていることです。単に形式的な挨拶をするだけでは、メールを受け取った側としてはどこか物足りないと感じてしまいますし、それではせっかく中高年の婚活にチャレンジしたところで、良い出会いになかなか直結していきません。それよりも、多少長くなっても良いから、心のこもった内容で返信することが、まずは大切になるのです。最初の段階ではどんなメールを作成すれば良いのか分からなくて戸惑うようなこともあるかもしれないですが、それは誰でもあることですし、だからと言って悲観的になる必要はありません。まずは相手のことを思いやるつもりでメールをすることが、相手の心に響くようにするための第一歩なのです。また、内容については、ネガティブなことは避けてポジティブなものにする方が望ましいのは、当然ながら言うまでもありません。その方がメールをもらった相手としては嬉しいからです。