上手に交際を断る方法

相手との交際を断わる方法

 >トップページ

相手との交際を断わる方法

◆ 失礼にあたらないよう丁重に

もし中高年の婚活を始めた後に、運良く理想の異性を見つけることができれば、間違いなくそれに越したことはありません。しかし、現実を踏まえてみると、いつも自分の思うような結果になるとは限りません。時として、自分とは価値観や相性が会わない異性とコミュニケーションを取ることもあります。そんな時は、相手との交際を断わることも必要になってくるのですが、もしそのような事態に出くわした場合、どのようにして交際を断わるかについて知っておくと、スマートに対処することができます。では、中高年の婚活で相手との交際を断わるには、一体どんなメソッドが有効であると言えるでしょうか。

この際にまず大切になるのは、交際を続けない理由を自分側の理由にすることです。例えばですが、自分側としては「できるだけ夫婦同士で一緒に居る時間を一緒に共有したい」と思っているとします。しかし、異性側としては、「仕事で出張することが多く、なかなか一緒に居られないのが現状である」とした場合、ここで結婚観が相違することになります。こういう場合は、「自分としては夫婦で一緒に過ごす時間が多いことを希望しているので、その点は申し訳ございません。」という形で丁重に断わるのです。そうすれば、相手が悪いというニュアンスにはならないし、失礼にもあたりません。また、どういう理由であっても、相手が今後素敵な出会いを見つけられて幸せになることを望むのは、言うまでもありません。これも中高年の婚活を効果的に利用するためのテクニックなのです。

中高年の婚活でデートに誘うタイミング

◆ 焦燥感に打ち克つことが大切

中高年の婚活を利用していくと、好みの異性に出会うチャンスが転がっていることに気づきます。中高年の婚活である以上、知り合った最初の段階ではインター中高年の上のみでのやり取りとなるのですが、オンラインでのコミュニケーションから実際に直接対面した上でのコミュニケーションに転換していくことになります。この際、異性をどのようにしてデートに誘えば良いかという点がポイントになるのですが、このことをきちんと押さえておくだけでも、スマートな対応ができるものです。では、中高年の婚活でデートに誘うタイミングに関しては、一体どのように捉えてみれば良いでしょうか。

まず、異性とのデートともなれば、気持ちばかりが先走ってしまい、どうしても焦ってしまうことだってあります。このような気持ちになるのは、多くの人にとっては良くあることなのですから、仕方ないと言えば仕方ないことなのですが、だからと言っていつもこれでは意味がありません。気持ちが焦っている時は、自分にベクトルが向いているわけですから、こういう時に良い結果を残すことなど、まずできないと思って良いでしょう。それよりも、中高年の婚活をスタートしてメールなどをし合ってから、ある程度期間が経過して、尚且つ関係性を構築できている状態にしてからデートに誘う方が、上手くいくことは間違いないのです。何通目のメールでデートに誘うかについては、絶対的な正解はないですが、とにかく焦燥感に打ち克つことが先決です。