婚活での言葉の使い方

言葉遣いから感じられる気遣い

 >トップページ

婚活での言葉の使い方

◆ 敬語を使うことが礼儀

メールを細かくチェックしてみると、気遣いがきちんとできている人なのかどうか、よく分かると言われています。そのため、中高年の婚活をする際は、いかにして相手を気遣うかということについても、事前に良く知っておきたいものです。もしこのことについて理解できていれば、中高年の婚活でモテることだって、決して不可能ではないのです。では、相手への気遣いについては、一体どういう点から感じられると言えるのでしょうか。

この時にチェックを欠かすことができないのが、メールにおける言葉遣いです。中高年の婚活で知り合った異性とメールをしていると、あたかも自分の恋人であるかのように感じてしまうこともあります。こういう感じ方をすると、ついついタメ口を相手に利いてしまうケースも考えられます。特に相手が自分よりも年下だと分かっている場合は、タメ口でも問題がないように聞こえます。しかし、婚活ともなれば、そのような考え方は捨てないといけません。相手が年下であろうが年上であろうが、きちんと敬語でメールをすることが礼儀なのです。会ってもいないのに、馴れ馴れしい口調を使うともなれば、人としての良識がなく、礼儀がなっていないと思われても仕方ありません。あくまでも良識のある1人前の大人としての振る舞いが求められているのですから、相手の年齢に関係なく、まずは敬語でコミュニケーションを取ることが、何よりも大切なのです。これを心がけるだけでも、印象は圧倒的に良くなります。

中高年の婚活におけるメールのマナー

◆ 絶対に避けたいメールの内容

中高年の婚活が婚活である以上、どこかのタイミングで相手と直接対面することは言うまでもありません。もちろん、対面ともなれば、よりマナーに気を遣うことになりますが、だからといってメールの段階ではどんな内容でも良いというわけではありません。内容によっては、避けたいものもあるので、この点についてもきちんと知っておきたいところです。では、色々なメールの愛用の中でも、中高年の婚活が目的のメールにおいては、どんな内容を避けるようにしたいでしょうか。

まず、自分の自慢になるような内容です。これは自分に過剰な自信がある人ほど犯してしまいがちな過ちなのですが、自慢をしたところで、相手はそれを良く思うことはありません。むしろコミュニケーションそのものがしらけてしまうだけなのです。仮に何か凄い経歴や実績を自慢したところで、「だから何なの」と相手から突っ込まれてしまいます。次に、他人の悪口に関する内容については、やはり避けておきたいものです。これに関しては、一見ストレス発散になっているように見えますが、他人の悪口をいくら言ったところで、自分が良い方向に変わっていくことはまずありません。それよりも、相手からすれば、「この人は口を開けば悪口ばかりの人だ」というレッテルを容赦なく貼られてしまいます。そのように考えると、仮に誰かや何かに対して不平不満があるとしても、それを何とか我慢して他の方法で昇華させることができる人が、素敵な出会いをものにする人なのです。