中高年 婚活 アピール

長所のアピールの仕方

 >トップページ

長所のアピールの仕方

◆ ありのままを記す

中高年の婚活ではプロフィールを軽視することはできません。というのも、プロフィールは異性の目に最初に留まる項目なので、いかなる理由があっても、決して手を抜かないようにしたいところです。また、この際に長所を上手くアピールすることができれば、異性に対する印象が良くなることは、言うまでもありません。しかし、長所のアピールとなれば、一見簡単そうに見えますが、実は難しい一面もあるのです。というのも、これは一歩間違えてしまうと、自慢をしているように聞こえてしまうからです。では、この点のアピールについては、どのようにすれば良いでしょうか。

まず、ありのままを記すことが何よりです。中高年の婚活を利用している異性側からして知りたいのは、過剰にアピールした自分でもなければ、必要以上に卑下した自分でもないのです。あくまでもありのままで示すことによって、直接お会いした時のコミュニケーションも上手くいくようになるのです。というのも、自然体であれば、お互いに無理をすることなく交際を続けていくことができるし、その後の関係に関しても長続きしていくことは目に見えているからです。また、長所はできるだけ相手がイメージしやすいように、具体的に記す方が、相手の印象に残ると言われています。例えばですが、「社交的」と一言で言うよりも、「初対面では笑顔を忘れることなく、アイコンタクトを取ることができる」という風に、どのような点が社交的に思っているのかについて記す方が望ましいのです。このことを押さえておくことが、中高年の婚活の鉄則なのです。

一通目のメールの重要性

◆ 中高年の婚活におけるメールのマナー

中高年の婚活をするのであれば、相手とメールをすることは、絶対に避けることはできません。中高年の婚活には色々なタイプのものがありますが、どの種類の中高年の婚活にしても、この点では変わりはないのです。また、メールに慣れていない方にとっては、相手と文字上でコミュニケーションを取ることに対して、上手くいくのか不安になってしまうことも否定はできません。しかし、これは決して高度なテクニックを要するものではなく、人としての礼儀をわきまえた上で行えば、何も問題はないのです。では、中高年の婚活におけるメールのマナーの基本としては、例えばどんなことが挙げられるでしょうか。

まずここで押さえておきたいのは、一通目のメールがとても重要であるということです。初対面でも第一印象が大切であるように、メールでも一通目については印象が良くなるようにしたいところです。異性にメールを送る際、「自分はすごい人なんだ」ということをどうしてもアピールしたくなるものですが、それを過度に行ってしまうと、相手の印象は悪くなってしまいます。相手としても自慢話を聞きたいわけではないですし、それでは2人の関係を上手く構築していくことはできません。それよりも、相手のプロフィールを見て、魅力を感じた点について褒めてあげることで、相手も非常に喜ぶようになるのです。もしこの点がクリアできれば、一通目に相手に送るメールとしては、上手くいったと同然と思って問題ありません。